/

この記事は会員限定です

複雑な残業上限規制、ITツールで違反避ける

働き方改革、法改正で早く帰ろう(上)

[有料会員限定]
日経コンピュータ

働き方改革関連法が2019年4月1日施行された。法律が求める残業時間の上限規制は幾つかの条件が複雑に絡む。押さえるべきポイントを理解したうえで、対策を講じる必要がある。残業の実態を毎日把握しつつ、上限を超えないように早めに手を打ちたい。

残業上限、月45時間に

働き方改革関連法が定めた残業時間の上限には2つの「原則」がある。「1カ月当たり45時間」と「1年当たり360時間」だ。

人不足の折、業績を維持するためにこれらの原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3079文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン