2019年6月16日(日)

絹に続け、ミノムシやクモの糸 産業応用間近に

コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2019/3/23 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

生き物が作った繊維を人間が加工してうまく利用している例に絹や羊毛がある。日本の研究者たちがこれに続く新しい繊維の開発に挑んでいる。ミノムシの糸を長くすることに最近成功し、クモの糸は工場で量産できる段階にまで技術が育ってきた。化石資源に依存せず優れた特性をもつ資材として、実用化に大きな期待が寄せられている。

農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)と医薬品メーカーの興和(名古屋市)は2018年1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報