2019年6月24日(月)

伝統工芸の大堀相馬焼再興へ窯元奮闘 福島県浪江町
(東奔北走)

2019/3/22 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力福島第1原子力発電所の事故で帰還困難区域が残り、多くの住民が帰ることができない福島県浪江町。この地に根ざす伝統文化が300年以上の歴史を持つ大堀相馬焼だ。2017年春に避難指示が一部解除されたが、原料を採掘してきた山には現在も入ることができない。困難な状況下、窯元たちは伝統再興へ模索を続けている。

東日本大震災の前、浪江町には22の窯元があった。だが震度6強の揺れと原発事故で各窯元は避難…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報