長官室にある大きな絵画 元気象庁長官 西出則武

エッセー
2019/4/17 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

7年ほど前、美術団体「一水会」の運営委員である鈴木益躬先生と個人的にお話しする機会があった。

その時に先生の画集の中のある絵画を見て、「これは室蘭あたりでしょうか。この先の崖の上あたりに気象台があるのでは?」と言ったところ、そのとおりだったので話が盛り上がった。さらに、2000年の有珠山噴火では現地に3カ月半滞在して対策に当たった話をすると、鈴木先生も噴火以降、何度も有珠山を訪れ、数多くの作品を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]