[FT]EV大国目指すインド 主役は二輪車と商用車

2019/3/25 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2000年代の大半を通し、世界一売れている電気自動車(EV)の考案者はインドのベンガルール(旧称バンガロール)に本拠を構える起業家のチェタン・マイニ氏だった。10年にインドの自動車大手マヒンドラ・アンド・マヒンドラに会社を売却する前、低性能とおもちゃのような外観に対する手厳しい評価にもかかわらず、複数の国の買い手に「G-Wiz」を約4000台販売していた。10年と言えば、日産自動車が「リーフ」を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]