/

アパレル大手ワールドなど、高級革かばんのヒロフ買収

アパレル大手のワールドは22日、日本政策投資銀行(DBJ)などと共同で高級革かばんメーカーのヒロフ(東京・渋谷)を買収したと発表した。同社の全株式を取得した。売り上げや物流などをデジタルで管理するシステムを提供するほか、工場の連携も視野に入れる。投資した企業にワールドが持つノウハウを提供する事業を成長事業に育成する。

このほどワールドとDBJが出資するW&Dインベストメントデザイン(東京・港)が組成したファンドがヒロフの全株式を取得した。買収額は非公表。ヒロフの経営陣から事業や約170人の社員を承継し、ワールドから社長を派遣した。

ヒロフは1978年設立。「HIROFU」ブランドで約7万~8万円の高級革かばんや婦人靴の生産・販売を手掛けている。イタリアの工場に生産を委託し高品質でこだわりを重視した商品が特徴だ。百貨店を中心に約50店舗を運営する。

ワールドはアパレルの生産や販売をデジタルで効率化するシステムの構築を進めている。ヒロフにはこうしたシステムを提供するほか、ヒロフのネット通販の立ち上げや海外進出なども検討する。

ワールドも「HIROKO HAYASHI」ブランドのかばんを国内の工場で生産しており、工場での生産ノウハウの連携も視野に入れる。ヒロフの現在の売上高約40億円(小売りベース)を将来的に約5割増に引き上げる計画だ。

ワールドとDBJは投資ファンドを運営するW&Dインベストメントデザインを2017年に設立。既にセレクトショップなどを展開するユアサンクチュアリー(東京・渋谷)に投資しており、今回が2件目の案件となる。年内にも他の投資を実行し計100億円程度の投資規模を見込んでいる。

ワールドは18年9月、13年ぶりに再上場した。投資や自社システムを他社に提供する事業を成長戦略の柱に掲げている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン