/

日本郵便、郵便局の敷地で「レベル4」の自動運転

日本郵便は22日、自動運転車を使った輸送実験を新東京郵便局(東京・江東)で実施した。5段階ある自動運転レベルのうち、運転手が乗らずに限られた区域を走る「レベル4」にあたる。走行時のリスクを検証する狙いがある。ドライバー不足の切り札として、将来の実用化を目指す。

宅配便「ゆうパック」の輸送を想定し、敷地内の約1.5キロメートルを走った。荷物を1階で積み込み、スロープなどを通りながら時速約20キロメートルで3階部分まで運んだ。離れた場所からモニターで監視し、一時停止や右折を繰り返して動作を確認していた。

自動運転車は土木測量ソフト開発大手のアイサンテクノロジーとティアフォー(名古屋市)が開発した。車の位置を特定するため走行ルートの3次元デジタル地図を作製し、運転時には車体5カ所に取り付けたカメラとセンサーで障害物を認識して自動走行する。

インターネット通販の拡大に伴って宅配便の取扱数は急増し、配達現場ではドライバーを中心に人手不足が深刻だ。政府は緊急時に運転手が操作する「レベル3」を2020年をメドに実用化する目標を掲げる。人手不足を緩和するにはレベル4や完全自動運転の「レベル5」の実用化が欠かせない。(宮嶋梓帆)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン