/

障害者の逸失利益、健常者と同基準で算定 東京地裁判決

(更新)

2015年に東京都八王子市の障害児施設から行方不明となり、遺体で見つかった松沢和真さん(当時15)の両親が、安全管理を怠ったとして施設を運営する社会福祉法人藤倉学園(東京)に約1億1400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は22日、松沢さんが将来得られたはずの「逸失利益」を健常者と同じ基準で算定し、約5200万円の支払いを命じた。

松沢さんには知的障害があり、施設側は逸失利益をゼロと主張した。これに対し、田中秀幸裁判長は「特定の分野では健常者と同等か、それ以上の能力を発揮する可能性があった」と判断。障害があることを前提とした賃金でなく、19歳までの男女全体の平均賃金を基に計算した。

両親側代理人の坂本千花弁護士は判決後に都内で記者会見し「過去に例がなく、画期的な判断だ」と評価。同席した父親の正美さん(62)は「良い裁判例になってほしい」と話した。

判決は、障害者雇用促進法により「障害者の雇用政策は大きな転換期で、一般企業への就職を否定すべきではない」と指摘。「逸失利益の算定では個々の障害者の働く力を具体的に検討し、一般就労の可能性を考慮すべきだ」と結論づけた。

両親は男性の全年齢の平均賃金を基に、逸失利益を約7400万円として賠償請求した。判決は、障害者と健常者の賃金格差をあまりにも無視するのは損害賠償制度の趣旨に反すると判示。約2200万円が相当とし、これに慰謝料などを加えた。

藤倉学園は「コメントは差し控える。松沢さんのご冥福をお祈りするばかりです」とのコメントを出した。

訴状によると、松沢さんは14年9月から施設で生活。15年9月に施錠されていない玄関から1人で外出し、約2カ月後に相模原市の山中で死亡しているのが見つかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン