2019年8月21日(水)

国家公務員試験で障害者754人合格 水増し受け初実施

2019/3/22 11:20
保存
共有
印刷
その他

人事院は22日、障害者のみを対象にした初の国家公務員試験に754人が合格したと発表した。本人が辞退しない限り、全員を中央省庁や出先機関の常勤職員として雇用する。試験は省庁の障害者雇用水増し問題を受けて初めて実施。「良い人材が多く集まった」として当初の採用予定より78人増やしたが、受験申込者数に対する倍率は約12倍の狭き門となった。

ただ法律で定められた障害者雇用率2.5%の達成には、今回も合わせ約4千人の採用が必要。人事院が今秋にも2回目の一斉採用試験を実施するほか、各省庁も非常勤職員を含めて人材を確保し、今年末までの達成を目指す。

省庁別の合格者数は、最多の国土交通省が174人、次いで法務省138人、国税庁90人。内閣府は7人で、予定の24人を大幅に下回った。採用しようとした人が他省庁への就職を選択した例があったという。

障害の種類は精神障害57.3%、身体障害42.3%、知的障害0.4%。勤務地域は関東甲信越365人、近畿83人、東海北陸67人などとなっている。

勤務開始時期は本人の意向に合わせる。3月中を希望する人も約60人おり、働きやすい環境を速やかに整えることが求められる。

試験は2月3日に筆記による1次選考で始まり、約2300人が通過。2次選考の面接では予約殺到のため、一部省庁が受け付けを一時中止するトラブルがあった。人事院は「迷惑を掛けた。原因を検証し、改善したい」としている。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。