和牛遺伝資源の保護、農相「法改正を視野」

2019/3/22 10:21
保存
共有
印刷
その他

吉川貴盛農相は22日の閣議後記者会見で、和牛遺伝資源の保護に向け「法改正を視野に検討したい」と語った。和牛を巡っては昨年、受精卵や精子が中国に一時持ち出される事件が発生し、今年3月に大阪府警が容疑者を逮捕した。農相は「(農水省の)検討会や与党で議論している」とし、再発防止策の具体的な中身を詰める意向を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]