第一生命、12年ぶり再開発投資 虎ノ門に600億円

2019/3/22 11:41 (2019/3/22 19:24更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第一生命保険は22日、2023年に竣工する東京都港区、虎ノ門の再開発案件に投資すると発表した。投資額は600億円程度とみられ、大型開発案件への投資は12年ぶり。日本生命保険も18年度中に前年度比で2倍の不動産投資を決めた。日銀のマイナス金利で厳しい債券運用を補うためだが、高値への警戒感がある不動産への投資は生保マネーの運用の難しさを映す。

第一生命が投資するのは虎の門病院と国立印刷局、共同通信ビ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]