/

ナイキ、12~2月期7%増収 中国で高成長続く

【ニューヨーク=河内真帆】米スポーツ用品大手ナイキが21日発表した2018年12月~2019年2月期決算は、最終損益が11億100万ドル(約1219億円)の黒字(前年同期は9億2100万ドルの赤字)に転換した。ネット通販や直営販売店など直販ルートが好調で、売上高は7%増の96億1100万ドルに拡大した。

地域別売上高は主力の北米が7%増となったほか、中華圏が19%増と大きく伸びた。同社は「消費者向け直販事業は全世界的に好調だったが、とくに中国で高成長が続いている」とコメントした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン