/

リーバイスがNYで再上場、時価総額80億ドル超

【ニューヨーク=河内真帆】米ジーンズ大手リーバイ・ストラウスは21日、ニューヨーク証券取引所に34年ぶりに再上場した。初日の終値は公開価格の17ドルを3割上回る22.41ドルで、時価総額は80億ドル(約8800億円)を超えた。

リーバイスは再上場で1億6000万ドル超を調達したもようだ。ブラジルや中国など海外市場の強化や、デニムを使った新しい繊維開発の研究開発などに充てる。

一方、大株主である創業一族のハース家は持ち株の売却で3億ドル超を手にした。ただ、議決権の大きい株式を持っており経営権は手放さない。

リーバイスは1853年、ゴールドラッシュにわくカリフォルニア州で創業、ハイテク企業が集積するサンフランシスコに本拠を置く。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン