セブンイレブン、80店が時短要望 全FCの0.4%

2019/3/21 21:23 (2019/3/21 23:50更新)
保存
共有
印刷
その他

セブン―イレブン・ジャパンは21日、営業時間の短縮を求めるフランチャイズチェーン(FC)加盟店が80店あることを明らかにした。全約2万のFC店の0.4%にあたる。3月上旬以降に全店に聞き取りをした。時短を求める店舗に対しては従業員の派遣業者を紹介するなどで終日営業の維持を支援したり、時短営業の実験店としたりすることを検討する。

【関連記事】きしむコンビニFC経営 加盟店の負担軽減急務に

東京都足立…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]