/

台湾の蔡総統、南太平洋3カ国歴訪に出発 関係強化へ

【台北=伊原健作】台湾の蔡英文総統は21日午後、外交関係のある南太平洋のパラオなど3カ国の訪問へ出発した。中国の圧力を背景に台湾は友好国との外交関係を次々と失っており、直接訪問で関係を強化し、断交を食い止める狙いだ。帰路は米国のハワイを経由する。

蔡氏は21日の出発の際に「海洋と民主主義が我々と(今回訪問する)友好国の共通点だ」と述べ、関係強化につなげると強調した。21~28日の日程でパラオとナウル、マーシャル諸島の3カ国を訪問する。3カ国の国家元首とそれぞれ会談するほか、マーシャル諸島では女性指導者のシンポジウムで演説する予定だ。

蔡政権は中国大陸と台湾が一つの国に属するという「一つの中国」原則を認めず、中国側は外交圧力を強めている。16年の蔡政権発足以来、台湾と外交関係を結んでいた5カ国が相次ぎ台湾と断交し、中国と国交を樹立した。台湾の友好国は残り17カ国しかない。

南太平洋の島国はそのうち6カ国を占め、中南米(9カ国)に次ぐ重要地域だ。中国は海洋進出を推進するうえで同地域を重視し、観光やインフラ投資で影響力を拡大している。パラオなどが台湾と断交し中国側と国交を結べば、中国の台頭を念頭に置く日本や米国の地域安全保障戦略にも影響する可能性がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン