2019年6月25日(火)

書斎のゴルフ

フォローする

楽に上達 「4時打法」で飛ばそう(3)

(1/3ページ)
2019/3/25 6:30
保存
共有
印刷
その他

 梅本晃一さんは会社勤めを終えた定年後、大好きなゴルフを研究、いくつになっても楽に飛ばせて健康になり、スコアも大いに縮められる独自の生涯上達理論を構築、世のゴルファーに問うてきた。実際に上達できたゴルファーが続出したことで信頼度ががぜんアップ、それが「4時打法」である。いくら練習しても上達できない人は、ぜひ身につけてはいかがだろう。(日本経済新聞出版社「書斎のゴルフ VOL.41」から)

「インパクトがすべて」も「教えの盲点の一つ」だった

技術書や雑誌などで見かけた、「インパクトがすべてだ」というような一文も、恐らく多くのゴルファーが何度か目にした教えでしょうが、私からすれば、これも多くのゴルファーの混迷の源をつくり出し、強めてきた「飛ばせなくした元凶、教えの盲点の一つだった」といえます。

この教えはボールの真後ろ、つまり「3時をきっちり打つことがインパクトのすべて」と、ほとんどのゴルファーに伝わっていたはずです。

それが小さなボールの、3時という小さな点に何とか当てようとして、インパクトの瞬間に「当てにいく」「合わせる」などの「特別な調整」を行うことにつながってしまうのです。そしてそれが、スイングの自然な流れにかえってブレーキをかけることになります。

ビュッと自然には振れない、軌道をゆがめてしまう、アマチュアゴルファーの様々な変則フォームをつくり出してしまったのです。

インパクトは大事な要素には違いありませんが、この「インパクトがすべて」というのは、こういう弊害につながる、逆に上達を阻んでしまう教えでもあったのです。

ゴルフオンリーな日常の中で年中ボールを打ってきたプロと、休日などに趣味としてたまにしか打たない、ゴルフ環境がはるかに違う我々アマチュアとの間では、プロの表現力が不足していることもあり、解釈や理解の仕方にもズレが生じやすいものです。

素振りがいいフォームとなっているのは、「4時の辺り」を通過するように、そしてインパクトで「当てにいく、合わせる」などの不自然な軌道調整をしないで、自然にビュッと振れているからで、本番でそう振って打てばいいという単純なことだったのです。

そのように打たれたボールは少し右に飛び出し、飛距離も伸び、球速が落ち出す頃から左にカーブするように戻って行きます。これで簡単に「飛ぶドローボール」となります。

図1「4時打法」 アドレスして正面に見えるボールの4時の辺りを素振りの感覚で、やや右方向にビュッと打つ

図1「4時打法」 アドレスして正面に見えるボールの4時の辺りを素振りの感覚で、やや右方向にビュッと打つ

図1の矢印の先を、ボールを落としたい地点のやや右手に定め、やや右手に向け、素振りの感覚で、インパクトは意識しつつ、しかしそれは当てにいくのではなく、ヘッドが通過する途中にあると考え、軌道の調整をせずに、ビュッと自然にクラブを振り抜けばいいだけです。

スイング用語に「インサイドアウト」という言葉があります。これまでゴルファーの大半がその言葉と打ち方は知っていても、うまくドローが打てなかったはずです。その原因はインサイドアウトで3時を打とうとしていたからです。本来は、図1がまさにその用語を示す打ち方なのです。これで「インサイドアウト」の用語と図1とがつながり、「なぜ」の疑問が氷解します。

「4時の辺り」を打つことで「素振りのように」ビュッと振れるようになり、老若男女を問わず楽に飛ばせるようになります。年を取っても飛距離が維持できるはずと、楽しみな手応えも出てくるはずです。シニアもレディースも200ヤードくらいはドローで楽に飛ばせるようにきっとなれます。

76歳となった私ですが、「無理して飛ばさなくてもパーオンには苦労しない」「70台は当たり前」という、悠々とした姿での「自分に合ったゴルフ」が楽しめています。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

書斎のゴルフ 一覧

フォローする
ダウンスイングし、インパクトの瞬間に右手をクラブから離す。右手が地面を向いていれば、頭は残り、クラブだけが大きく振り出される

 体幹トレーニングとゴルフレッスンの融合を目指す「TAIKANZ GOLF」。計測器のデータとビデオの映像で自分のスイングを客観的に知ることができるゴルフスタジオだ。そこの若手実力派インストラクターで …続き (6/24)

 体幹トレーニングとゴルフレッスンの融合を目指す「TAIKANZ GOLF」。計測器のデータとビデオの映像で自分のスイングを客観的に知ることができるゴルフスタジオだ。そこの若手実力派インストラクターで …続き (6/22)

南田陽平プロはヘッドスピード向上のキーワードとして「クラブの性能を最大限に引き出す」ことと「床反力の活用」を挙げる

 体幹トレーニングとゴルフレッスンの融合を目指す「TAIKANZ GOLF」。計測器のデータとビデオの映像で自分のスイングを客観的に知ることができるゴルフスタジオだ。そこの若手実力派インストラクターで …続き (6/17)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]