/

この記事は会員限定です

FRB、警戒モードに転換 市場早くも利下げ観測

[有料会員限定]

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)は20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、2019年中の利上げを見送り、9月末で資産縮小も終了する方針を示した。海外経済に下振れ懸念がにじみ、米国内も過大債務のリスクが横たわる。FRBは「金融政策の正常化」を停止して景気への警戒モードに転じるが、市場には早くも利下げ観測が浮かぶ。

「資産縮小は5月から減速し、9月には完全に停止する」。パウエル議...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1064文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン