2019年8月17日(土)

トランプ氏、ロシア疑惑の捜査結果「公開しても良い」

2019/3/21 6:00
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領は20日、ロシアとの不透明な関係をめぐる疑惑「ロシアゲート」の捜査結果について「公開しても構わない」と語った。米国民の多くが結果に関心を持っており、透明性の確保が重要だとの認識をにじませた。ただ公開の判断は「司法長官に任せる」と語り、司法省内の手続きに関与しない考えも示した。ホワイトハウスで記者団に語った。

20日、トランプ米大統領はロシア疑惑の捜査を「ばかげている」と改めて非難した(ワシントン)=AP

ロシア疑惑をめぐっては、モラー特別検察官が捜査報告書を近くまとめて、バー司法長官に提出するとの見方がある。トランプ氏は報告書について「公表してみよう」「国民に見てもらおう」などと語った。一方、大統領には司法長官に報告書を公開させる権限があるとみられているが、トランプ氏はバー氏に判断を委ねると説明した。

トランプ氏は捜査に対する批判を繰り返した。モラー氏などの捜査担当者を「(トランプ氏への)怒りに満ちた民主党員」と強弁し、疑惑捜査は「ばかげている」と非難した。2016年の大統領選でのロシアとの共謀疑惑も改めて否定した。

司法長官には捜査結果の議会報告が義務づけられているが、バー氏はその内容を捜査報告書の一部にとどめる考えを示唆している。野党・民主党にはトランプ氏の不正行為が隠蔽されるとの懸念がある。民主党が多数派を占める下院は今月14日、報告書の全面公開を求める決議案を可決した。

捜査結果は、議会がトランプ氏の弾劾を発議する根拠になる可能性が指摘されている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。