ターゲット広告が岐路 フェイスブックが機能制限

データの世紀
2019/3/21 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米フェイスブックが「ターゲティング広告」の機能を一部制限する。住宅売買や求人などの広告が差別を助長しているとの批判を受け、個人を絞り込む機能を抑える。同社はプライバシー保護の観点からデータ収集手法の修正も迫られており、競争力の源泉である広告の精度は低下が避けられない。売上高の99%をネット広告が占めるフェイスブックの事業モデルは岐路に立つ。

5万要素でユーザー分類

フェイスブックは19日、求人や住…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]