/

英首相、6月末への離脱延期をEUに要請

【ロンドン=中島裕介】メイ英首相は20日の英議会下院の党首討論で、欧州連合(EU)からの離脱期限を当初の3月末から6月末に延期するようEUに要請したと表明した。メイ首相は「それ以上の延期は準備していない」とも強調した。3月末までに英・EUで合意した離脱案の英議会での承認を目指す方針だが、反対派を翻意させるメドはたっていない。

メイ首相はEUに6月末まで離脱を延期するよう要請した=ロイター

英・EUは21~22日に開くEU首脳会議で英国の離脱延期を議論する。EU側は延期について納得できる理由を説明するよう英国に求めている。3月中の離脱案の英議会可決が不透明なため、首脳会議で延期を承認できないケースもあり得る。

英政府は当初、20日までに離脱案の議会承認を得て、21日からの首脳会議で離脱関連の法案審議のための短期延期を申し入れる方針だった。だが過去2回、離脱案に反対した強硬離脱派への説得が難航。さらに18日には英議会下院のバーコウ議長が「否決された離脱案に変更がなければ、提出を認めない」と発言し、英政府は20日の議会承認を断念した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン