5G基地局争い、米中の新興勢が台風の目に

2019/3/27 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

携帯電話基地局などを開発する通信機器大手にとって次世代通信規格「5G」の登場は10年に一度の大きなビジネスチャンスだ。中国・華為技術(ファーウェイ)やスウェーデン・エリクソンが5Gのスムーズな展開を可能にする製品を出す一方、新興企業も積極攻勢に出ている。機器大手が寡占する市場に新風を巻き起こせるか。

■コスト、大手の基地局の数分の1

「高価な専用ハードウエアを使わず、一般的なサーバー上にソフトウエ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]