/

大坂城に豊臣の大名屋敷跡 佐竹義宣か、火縄銃の弾も

大阪府教育委員会は20日、豊臣秀吉が整備した大坂城三ノ丸(大阪市中央区)で、豊臣家重臣の佐竹義宣の大名屋敷とみられる建物跡や、豊臣方が大坂の陣に備えて作った火縄銃の弾が見つかったと発表した。建物近くで佐竹氏の家紋「扇に月丸紋」がある瓦が3点出土し、建物の規模も大きいことから判断した。

豊臣氏は城の守りを強固にするため、有力な大名を近くに住まわせていたが、屋敷跡はあまり見つかっておらず、大阪府文化財センターの鹿野塁副主査は「屋敷跡の全容が分かる形で見つかるのは初めて」としている。

佐竹氏は、徳川家、島津家などと並んで豊臣家の六大将とされ、常陸国(茨城県)を治めたが、関ケ原の合戦の後に徳川家康から秋田への国替えを命じられ、大坂冬の陣では徳川方として参戦した。

屋敷跡があったのは秀吉が築城した大坂城の西側で、慶長3(1598)年から整備を始めた三ノ丸。調査地は3段のひな壇状になっており、中段から礎石立ちの建物跡が2棟見つかった。そのうち1棟は東西約20メートル、南北約15メートルと規模が大きかった。周辺の調査でも同じ家紋の瓦や「さ竹内」と記された木簡が出土していた。

建物跡があったのは現在の地表から約2~3メートル下。徳川氏による大坂城再築工事で埋められていた。建物周辺には大坂の陣による火災の痕跡がほとんどないことから、屋敷建物は大坂の陣の頃は既になかったと推定される。

一方、屋敷跡より低い下段では大坂の陣によるとみられる焼土面や火縄銃の弾6点が出土。中には完成前の弾もあり、佐竹氏が引き払った後に豊臣方が製造していたとみられるという。

現地説明会は23日午前10時~午後3時。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン