/

この記事は会員限定です

すかいらーく、目指すは「外食のGAFA」

証券部 亀井亜莉紗

[有料会員限定]

すかいらーくホールディングスがデジタルデータの本格活用に取り組み始めた。外食各社は人口減少などを背景に客数の伸び悩みと人手不足による人件費の高騰のダブルパンチに悩まされている。すかいらーくも例外ではなく、2018年12月期は既存店の来店客数が前年並みにとどまった一方、パート・アルバイトの時給の上昇が続き、連結純利益は114億円と26%減った。デジタル技術を使って店舗の利便性や魅力を高めると同時に効率化も進め、逆風を乗り越える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン