ロゴスと信州大、「人間らしい」介護ロボ開発へ

2019/3/21 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

システム開発のロゴス(長野市)は信州大学工学部と共同で、従来よりも人間らしいロボットを開発する。同社が主力にしている介護業界向けロボットのシステムで、ロボットが自分の意見を持っているように見せることで利用者が飽きないようにする。人手不足で介護の現場負担が増す中、ロボットが人に代わって働ける分野を増やすことを目指す。

開発するのはソフトバンクグループのヒト型ロボット「ペッパー」向けシステム。ロゴス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]