2019年5月27日(月)

ビズリーチ、事業承継支援で横浜市と連携

スタートアップ
ネット・IT
2019/3/20 19:47
保存
共有
印刷
その他

人材サービスのビズリーチ(東京・渋谷)は20日、事業承継支援で横浜市などと協定を結んだと発表した。M&A(合併・買収)による事業承継支援サイトに市の特集ページを設け、事業承継したい企業と買い手企業をつなぐ。横浜市の地銀や信用金庫とも協力し、セミナーや相談窓口などを通じてサービスの利用を促す。

20日、ビズリーチは横浜市などと事業承継に関する協定を結んだ(東京都渋谷区)

M&A型の事業承継支援サイト「ビズリーチ・サクシード」の活用について、横浜市と横浜企業経営支援財団(IDEC)と連携する。横浜市の林琢己経済局長は東京都内の記者会見で「マッチングの機会を大幅に増やせる」と期待を示した。横浜銀行など4行庫も協力する。自治体との提携は三重県に続き2件目。

ビズリーチ・サクシードは事業承継を検討している中小企業などが、会社概要や財務状況などについて匿名で登録できるサイト。利用料は無料で事業譲渡が成約した際、買い手企業がビズリーチに手数料を支払う。南壮一郎社長は「地域内だけでなく、全国規模で企業のマッチングを促進できる」と話した。

2017年のサービス開始以降、実際に成約した件数は非公表だが、譲渡案件の登録数は3月時点で1160件を超え、買い手となる譲り受け企業の登録は累計で2500社に達するという。18年11月からは買い手側が、事業承継を考えている中小企業や経営者を募る取り組みを始めた。これまでに飲食店やホテル、旅館などの公募を支援している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報