/

この記事は会員限定です

千葉銀・武蔵野銀両頭取、提携効果「5年で110億円に」

検証 千葉銀・武蔵野銀提携3年(下)

[有料会員限定]

千葉銀行の佐久間英利頭取と武蔵野銀行の加藤喜久雄頭取は包括業務提携から25日で3年を迎えるのを前にインタビューに応じ、5年間の提携効果が当初目標を10億円上回る110億円になる見通しを明らかにした。10月をめどに東京・池袋に両行の支店を共同設置し、効率的な店舗運営に取り組む方針を示した。今後も経営統合ではなく独立経営を維持する考えを強調した。

提携3年の成果について、千葉銀の佐久間氏は「互いが経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2611文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン