2019年6月17日(月)

新興国、資金流出に歯止め 米利上げ停止で通貨安一服 インドなど原油高リスクに

東南アジア
2019/3/20 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シンガポール=中野貴司】新興国市場からの資金流出に歯止めがかかっている。米国の利上げ路線の修正を契機に新興国の通貨安が一服し、世界の投資家がリスクの高い海外資産に投資しやすい環境が戻ってきたためだ。新興国の中央銀行が通貨防衛のために米国に追随利上げする必要性も薄れている。ただ、年初来の高値圏にある原油価格が上昇を続ければ、原油輸入国のインドなどは資金流出や通貨安に再び見舞われる懸念が残る。

国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報