/

この記事は会員限定です

金を「爆買い」する新興国の中銀

編集委員 志田富雄

[有料会員限定]

金の調査機関ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC、本部ロンドン)の調べによると、世界の中央銀行による金の購入量(売却量を引いたネット)は昨年651トンに達し、1971年のニクソン・ショック以降で最高を記録した。為替市場でドル高傾向が続くにもかかわらず、ロシアなどの新興国が金準備を急速に拡大している。

651トンを超える中央銀行の金購入量は67年の1404トンまでさかのぼる。当時はポンド危機のさな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2274文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン