荒川洋治さんら8人決定 2018年度日本芸術院賞

2019/3/22 17:00
保存
共有
印刷
その他

日本芸術院(黒井千次院長)は22日、優れた芸術活動を表彰する2018年度日本芸術院賞を現代詩作家の荒川洋治さん(69)や、作家で詩人の松浦寿輝さん(65)ら8人に贈ると発表した。

荒川洋治さん

真神巍堂さん

亀井忠雄さん

このうち荒川さんと書家の真神巍堂(本名・真神仁宏)さん(75)、能楽大鼓方の亀井忠雄さん(77)の3人は特に業績が顕著として恩賜賞も贈る。荒川さんはみずみずしい感覚の詩作や鋭い評論を展開し、詩壇をリードした。

授賞式は6月下旬に日本芸術院会館(東京・台東)で開かれる。

日本芸術院賞の受賞者と受賞対象は次の通り。(敬称略)

▽第1部(美術)

池川直(60)。彫塑。日展出品作「時の旅人」。

並木恒延(69)。工芸。日展出品作「月出ずる」。

真神巍堂(75)=本名・真神仁宏。恩賜賞。書。日展出品作「碧潯」。

▽第2部(文芸)

荒川洋治(69)。恩賜賞。詩・評論。優れた詩集の刊行と充実した詩論を展開した業績。

松浦寿輝(65)。小説・詩・評論。高度な水準の作品を創造し続けた業績。

▽第3部(音楽・演劇・舞踊)

亀井忠雄(77)。恩賜賞。能楽。卓越した技法による舞台成果。

野平一郎(65)。作曲・ピアノ・指揮。長年の秀でた業績。

宮城能鳳(80)=本名・徳村正吉。組踊。卓越した技法による舞台表現と、その継承発展に寄与した功績。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]