工作機械受注「頼みの北米」も減速 2月確報値

2019/3/20 19:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の工作機械メーカーの受注減が全世界に広がってきた。日本工作機械工業会が20日発表した2月受注額(確報値)は北米向けが21カ月ぶりに前年を割った。既に失速しているアジアや欧州向けに続き、頭打ちが鮮明だ。北米は中部企業にとって外需(輸出)の3割超を占める重要市場。内需も振るわないなか、受注減が続けば来期の業績にも打撃となる。

21カ月ぶり前年割れ

「米中の通商摩擦などが影響しているのではないか。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]