[FT]「アメリカンドリーム」を阻むFRB

ラナ・フォルーハー
FT
FT commentators
2019/3/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

20世紀の偉大な米経済学者ハイマン・ミンスキーが生きていて、3月12日に発表された米消費者物価指数(CPI)の上昇率を見たなら、大満足しただろう。彼が警告した、投機的な動きが高まり過ぎると金融危機が発生するという「金融不安定性仮説」の重要なポイントの一つは、物価には「モノやサービスの価格」と「資産価格」の2種類あるということだった。とすれば、この2つの価格のインフレ率は異なるはずだ。

■住宅価格だ

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ラナ・フォルーハー

FT commentators

グローバル・ビジネス・コメンテーター

Rana Foroohar 米国生まれ。米ニューズウィーク、米タイムを経て2017年3月にFTに移る。米IT(情報技術)企業の事業を通じ蓄積した利用者のデータを駆使した事業モデルの在り方に早くから警鐘を鳴らしてきたことで知られる。米外交問題評議会の生涯会員。

    ソーシャルアカウント:

FT commentators

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]