/

介護の課題、ICTで解決 横浜市が4社と共同研究

横浜市は20日、介護分野における様々な課題をICT(情報通信技術)を使って解決することを目指し、民間4社と共同研究すると発表した。介護の現場は高齢者の増加や人手不足感の強まりなどによって、負担が重くなっている。官民が連携して課題解決に取り組むことで、高齢者がより良いサービスを受けられたり、負担を軽減したりできるようにする。

共同研究するのは、ITベンチャーのウェルモ(福岡市)、自立支援や介護予防などを手がけるジェイアーク(横浜市)、介護大手のツクイ、システム開発の富士ソフトの4社。異業種が集まることで幅広い角度から課題を検討し、実践的な解決策を導きだすことを狙う。

研究では介護スタッフの負担軽減や介護サービスの質の向上へ、人工知能(AI)を活用して質の高いケアプランや通所介護計画を効率的に作成できるようにすることを取り上げる。要介護者や家族が適切な介護事業者を容易に探せるよう、事業者の情報収集や収集した情報の効果的な提供方法なども研究する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン