2019年6月16日(日)

レーシングワールド

フォローする

ロードカナロア、大種牡馬への新たな一歩

(1/2ページ)
2019/3/23 6:30
保存
共有
印刷
その他

アラブ首長国連邦(UAE)ドバイのメイダン競馬場で30日に行われるドバイ国際競走に今年も多くの日本調教馬が遠征する。目玉は昨年の牝馬三冠馬で、年長馬相手のジャパンカップ(G1)でも破格のレコードタイムで優勝したアーモンドアイ(牝4、美浦・国枝栄厩舎)だ。芝1800メートルのドバイ・ターフ(G1)に優勝争いの最有力馬として出走する。同馬の父、ロードカナロアにとってはこれが産駒初の海外遠征となる。ロードカナロアはアーモンドアイを筆頭に、2015年生まれの初年度産駒が大活躍し、早くもトップ種牡馬としての地位を固めつつある。今年は海外遠征に加え、牡馬クラシック路線の主役となるサートゥルナーリア(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)を送り出す。名種牡馬の道へ新たなステップを踏み出す1年となる。

ドバイ国際競走では6つのレースに10頭の日本調教馬が出走する。なかでも遠征馬の質、量とも充実しているのが、芝2410メートルのドバイ・シーマクラシック(G1)とドバイ・ターフである。シーマクラシックには17年日本ダービー(同)の勝ち馬で、昨年の天皇賞・秋(同)も勝ったレイデオロ(牡5、美浦・藤沢和雄厩舎)など3頭が出走予定。ターフにはアーモンドアイのほかに、17年のこのレースの覇者、ヴィブロス(牝6、栗東・友道康夫厩舎)など2頭が参戦する。

初年度産駒がG1を5勝

英国のブックメーカー(賭け屋)のオッズをみると、日本馬が有力視されていることがわかる。大手のウィリアムヒルはレイデオロに3.75倍のオッズを付けて2番人気に評価。アーモンドアイはさらに高い注目を集めており、2.25倍の1番人気である。日本調教馬は昨年、海外G1で1勝もできなかった。8年ぶりの不名誉な記録だったが、このドバイで17年4月30日のクイーンエリザベス2世カップ(香港、優勝馬はネオリアリズム)以来となる、海外G1勝利を挙げる可能性は十分にある。

最も期待されるアーモンドアイは昨年の牝馬3冠路線のレースすべてが圧巻の内容だった。初めて年長の牡馬と対戦したジャパンCでも、それまでの芝2400メートルの日本レコードを1秒5も更新する2分20秒6で走破した。能力だけなら、世界でも指折りの存在といえる。

アーモンドアイら現4歳世代が初年度産駒だったロードカナロアにとって、これが産駒初の海外遠征となる。ロードカナロア自身も4、5歳だった12、13年に香港に遠征し、世界トップクラスのスプリンターが集まる香港スプリント(G1)で連覇を飾った。特に13年は2着に5馬身差をつける圧勝。海外という異なる環境でも持てる力を存分に発揮した。その産駒も父と同様に扱いやすいという評価が多い。初めての地でのレースとなるアーモンドアイへの期待も自然と高まる。

アーモンドアイ(右)は有力馬としてドバイ・ターフに出走する(昨年11月のジャパンカップ)=共同

アーモンドアイ(右)は有力馬としてドバイ・ターフに出走する(昨年11月のジャパンカップ)=共同

産駒の海外での活躍は、種牡馬ロードカナロアに対する世界からの注目度、国内での評価をさらに高める大きな契機となる。これに加えて、今年は牡馬クラシックにも有力な産駒が出現した。

ロードカナロアの初年度産駒は昨年、アーモンドアイの4勝のほかにステルヴィオ(牡4、美浦・木村哲也厩舎)がマイルチャンピオンシップを勝ち、国内G1で5勝を挙げた。これは、12年から18年まで種牡馬ランキング首位に君臨するディープインパクトの初年度産駒(08年生まれ)の4勝よりも多い。ディープの初年度産駒が3歳時に取ったG1は2勝のみ。国内G1勝利数でみれば、すでにディープを上回る成績をあげていることになる。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

レーシングワールド 一覧

フォローする
キズナは現役時代日本ダービーで優勝するなど、13年のクラシック戦線を盛り上げた(13年5月、東京競馬場)=共同共同

 東京、阪神両競馬で6月から2歳戦が始まった。ターフにさっそく姿を現した2019年の2歳世代には、新種牡馬による初年度産駒も含まれる。なかでも注目の種牡馬は13年の日本ダービー(G1)を勝ったキズナ( …続き (6/15)

第86回日本ダービーは単勝12番人気の伏兵ロジャーバローズ(右)が制した=共同共同

 全国が真夏を思わせる暑さに覆われた5月26日。競馬の祭典、第86回日本ダービー(東京優駿=G1・芝2400メートル)が行われ、単勝12番人気の伏兵ロジャーバローズ(栗東・角居勝彦厩舎)が道中2番手か …続き (6/1)

マスターフェンサー(右から2頭目)はケンタッキーダービーで日本調教馬史上最高の6着と健闘した=USA TODAYUSA TODAY

 米国の3歳三冠路線の第1戦、第145回ケンタッキーダービー(G1、米・チャーチルダウンズ、ダート約2000メートル)が4日行われ、日本から遠征したマスターフェンサー(牡、栗東・角田晃一厩舎)が6着に …続き (5/18)

ハイライト・スポーツ

[PR]