東南アジアの民主主義にも試練 ホセ・ルイス・ガスコン氏
フィリピン人権委員会議長

2019/3/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

フィリピンは今、30年続いた民主的な時代から遠ざかるような地殻変動に直面している。私が議長を務める(公的)組織は、政府から独立した立場で人権状況を監視しているが、ドゥテルテ大統領が就任した2016年以降、質的な変化が起きている。

ドゥテルテ氏は麻薬犯罪の撲滅を表向きの理由に、人権や法の適正手続き、推定無罪など(憲法の)権利章典が定める保障を完全に拒絶している。犯罪対策と称し、2年半で2万人以上が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]