2019年4月25日(木)

新宿に3200戸集合住宅、区が都市計画決定 野村不など

住建・不動産
東京
2019/3/20 19:00
保存
共有
印刷
その他

野村不動産などが東京都新宿区に計画している大規模マンションが、同区から都市計画決定の告示を受けた。総戸数3200戸、最高階数65階の大型物件で、2029年度の完成を目指す。

東京・西新宿に大規模高層マンションが登場する(完成イメージ)

マンションは京王新線初台駅が最寄り。4.8ヘクタールの敷地に、高さ235メートルの2棟のタワーマンションを建てる。低層部は商業施設にする。広場には大屋根を設けて憩いの場とするほか、災害時には帰宅困難者向けに開放する。初台駅から新宿方面に抜けるための歩行者デッキも設置する。道路を広げ、交通の便も高める。

木造家屋の密集の解消を目指して検討が始まった。新宿駅西口の高層ビル群の延長線上にあり、エリアの高層化が一段と進むことになる。国内で計画中の住宅の戸数としては、東京五輪・パラリンピックの選手村を改修して分譲する「HARUMI FLAG」(5632戸)に次ぐ規模になるという。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報