/

この記事は会員限定です

2月の中国向け工作機械受注5割減、低迷1年底見えず

[有料会員限定]

日本工作機械工業会(日工会、東京・港)が20日発表した2月の工作機械受注額(確報値)によると中国向け受注額は前年同月比50.4%減で12カ月連続で前年割れした。米国と欧州も前年を割り込み主要3極は軒並み不振だった。先行きを左右する中国向けの低迷が続いており、浮上の兆しは見えていない。

受注総額は29.3%減の1097億円だった。前年比マイナスは5カ月連続。うち外需(輸出)額は29.8%減の680億...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り811文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン