ヨドバシ梅田タワーのホテル、11月開業に前倒し

2019/3/20 13:53
保存
共有
印刷
その他

阪急阪神ホールディングスは20日、家電量販店大手のヨドバシホールディングスが大阪・梅田で建設している「ヨドバシ梅田タワー」(仮称)に出店するホテルを、2019年11月に開業すると発表した。当初は20年春の予定だった。国際博覧会(大阪・関西万博)の開催決定などで増加が見込まれる観光客の需要を取りこむ。

宿泊主体型で客室は1032室ある(イメージ)

「ホテル阪急レスパイア大阪」はホテル事業子会社の阪急阪神ホテルズ(大阪市)が運営する。客室は1032室で、宴会場やレストランなどが少ない宿泊主体型。シングルルームはなく、813室がダブルやツインの2人部屋になる。1泊あたりの客室単価は1万5000~2万円程度を想定する。ヨドバシ梅田タワーは35階建てで、12~35階部分を客室とする。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]