「独禁法で特許制限」に一石 公取委のクアルコム審決

法務インサイド
2019/3/27 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第3世代(3G)携帯電話に必要な通信技術の特許の使用契約を巡り、独占禁止法違反に当たるとして排除措置命令を受けた米クアルコムの審判で、公正取引委員会は15日、「公正な競争を阻害したと認めるに足る証拠はない」として、命令を取り消す審決を公表した。米国では独禁法の厳しい適用が技術の開発意欲を削ぐという見方が出始めており、今回の公取委の審決についても「独禁法で特許制限する流れに一石を投じた可能性がある…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

  • 企業

電子版トップ



[PR]