米インスタグラム、写真共有アプリ内で買い物

2019/3/20 11:05
保存
共有
印刷
その他

【ロサンゼルス=白石武志】米フェイスブック傘下で写真共有アプリを運営するインスタグラムは19日、アプリ上のショッピング機能を強化すると発表した。従来は投稿画像に写った衣類やアクセサリーなどの商品を注文するには出品者の電子商取引(EC)サイトに移動する必要があったが、近く追加する新機能では購入手続きをアプリ内で完結できるようにする。

インスタグラムが始めるショッピング機能「チェックアウト」の画面イメージ

インスタグラムは投稿画像の中で気に入った商品を消費者が簡単に購入できる仕組み作りに力を入れている。現在は買い物袋のアイコンが表示された画像をタップすると、商品名や価格が書かれたタグを表示する機能などを用意している。ただ、実際の商品購入は外部のECサイトを使う。

「チェックアウト」と呼ぶ新機能では、外部のECサイトを介することなく、インスタグラムのアプリの中で衣類の色やサイズを選び、決済までを済ませられる。決済や配達に必要な個人情報を初回利用時に登録しておけば、ECサイトごとに情報を入力し直す手間もなくなるという。

チェックアウトは当初は米国でのみサービスを始める。数週間以内に米スポーツ用品大手のナイキや英高級ブランドのバーバリー、スウェーデンのカジュアル衣料品ヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)、ファーストリテイリング傘下のユニクロなどの商品がアプリ内で購入できるようになるという。インスタグラムは当面は新機能を使えるブランド数を限定するが、将来的には多くの企業に開放する方針だとしている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]