新生マードック帝国、盛り上がり欠く船出
米州総局 清水石珠実

2019/3/20 7:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米株式市場で19日のダウ工業株30種平均は小反落。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を20日に控え、様子見ムードが強かった。19日はコンテンツ事業を切り離し、ニュース報道とスポーツに特化した新生「マードック帝国」のナスダックでの初取引となったが、寄りつきより3%以上低い40.34ドルで引け、盛り上がりに欠ける展開となった。

「メディア王」ルパート・マードック氏が率いるメディア大手21世紀…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]