/

GM、ブラジル工場に3000億円投資 税制優遇で

【ワシントン=外山尚之】米ゼネラル・モーターズ(GM)は19日、ブラジル・サンパウロ州の2工場に100億レアル(約2960億円)を投資すると発表した。同社は今年に入りブラジル市場からの撤退を示唆していたが、サンパウロ州政府が税制優遇策を導入したことで再び工場への投資にかじを切る。

ブラジルのGMの工場(サンパウロ州サンジョゼドスカンポス)=ロイター

2020年から24年にかけ、サンカエタノドスルとサンジョゼドスカンポスの2工場に投資し、新車種の生産をはじめるという。1万5000人の雇用を守った上で、新たに400人を直接雇用すると表明した。

GMはブラジルの乗用車市場でシェア首位だが、小型車が中心で、利益が出にくい構造となっていた。GMはブラジルからの撤退を検討しているとあえて表明することで、サンパウロ州政府から自動車業界の新規投資に対する減税を引き出していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン