/

この記事は会員限定です

市場区分見直しは激震 地銀・第二地銀の格下げも

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

東京証券取引所は1部上場2136社のうち、時価総額が一定水準に満たない企業を2部とジャスダックの大半を統合した新市場区分に移す考えのようだ。基準をどこに置くかはまだ流動的だが、仮に250億円とすると726社(15日現在)、500億円とすると1101社が1部から外れることになる。東証の競争力強化につながる一方、当該企業にとっては悩ましい話で、特に地銀・第二地銀は1部上場の看板を守るために経営統合な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1888文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン