長岡市の中心市街地活性化計画を国が認定

2019/3/19 22:00
保存
共有
印刷
その他

新潟県長岡市が策定した2019年度から5年間の第3期中心市街地活性化基本計画が国の認定を受けた。JR長岡駅や複合施設「アオーレ長岡」周辺のにぎわいをまちなか全体に広げ、産業振興と若者が活躍できる環境の整備を進める。

対象区域は長岡駅周辺の約96.3ヘクタール。目玉は大手通坂之上町地区の再開発事業で、「まちなか図書館」(仮称)や「産学連携情報交流センター」(同)を整備する。5年間に中心市街地内で起業40件などの数値目標を掲げた。1期計画でアオーレ長岡を整備。2期計画でアオーレ長岡を中心に集客イベントなどを展開したが、空き店舗増加や若者の流出が課題となっている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]