鈴木茂兵衛商店 水府提灯、伝統守りつつ現代風に進化
(Bizブックマーク)

2019/3/19 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

水府提灯(ちょうちん)はかつて水府と呼ばれた水戸を代表する伝統工芸品だ。水戸は岐阜や八女(福岡県)と並び、提灯の3大産地の一つ。鈴木茂兵衛商店(水戸市)は提灯製造・販売の老舗で、創業は慶応元年(1865年)と150年以上前にさかのぼる。

提灯はお盆や祭りの時期に最も多く使われるほか、居酒屋などの店舗でも見かけることが多い。同社はこうした昔ながらの提灯はもちろんだが、現代風にデザインした提灯も数多…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]