市川市、住民票のLINE申請実験 全国で初めて

2019/3/19 22:00
保存
共有
印刷
その他

千葉県市川市とLINEは19日、包括連携協定を結び、全国初という住民票のオンライン申請の実証実験を始めた。スマートフォン(スマホ)で普及するアプリを生かし住民の利便性を高める。窓口で対応する職員を減らせる効果も見込む。

対話形式で必要事項を入力し、住民票を申請できる

対話アプリ「LINE(ライン)」の市の公式アカウントを友だちに追加し、登録済みの個人情報に市のアクセスを許可すると、住民票の交付申請ができる。記載事項や通数などを選び、運転免許証などをスマホで撮影して本人確認用に送る。手数料は決済サービス「LINE Pay」で払う。申請から数日内に郵送で自宅に届く。

市への住民票の申請は年間25万件以上で、その8割が窓口対応。1年後までに5割をオンライン申請にする目標だ。

市とLINEは子育てや防災などの情報配信も始めるほか、4月10日から市営施設の使用料などの支払いにLINE Payを順次使えるようにする。他の行政手続きへの活用や多言語対応も検討しているという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]