スポーツ > ニュース > 記事

スポーツニュース

竹田会長「潔白証明に全力」 五輪招致疑惑、多く語らず

2019/3/19 19:19
保存
共有
印刷
その他

日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)は19日、理事会で任期満了となる6月末での退任を表明した。竹田氏は「若いリーダーにJOCを託したい」と述べた一方、五輪招致を巡る疑惑については多くを語らず、「潔白証明に全力を尽くす」と繰り返しただけだった。

日本オリンピック委員会(JOC)の理事会に出席した竹田恒和会長(中央)=19日、東京都渋谷区

日本オリンピック委員会(JOC)の理事会に出席した竹田恒和会長(中央)=19日、東京都渋谷区

同日午後3時、東京都渋谷区の岸記念体育館2階で開かれたJOC理事会。議事開始から1時間半後、竹田氏は「世間を騒がせて心苦しいが、東京五輪を迎え、JOCの未来を思い若いリーダーに新しい時代を切り開いてもらいたい」と退任の意向を表明。「これまでの協力に心から感謝したい」と述べて一礼した。

理事会終了後、報道陣の取材に応じた竹田氏は「疑惑の説明責任を果たしていない」などと質問を浴びたが、「潔白の証明のために全力で努力するが、話せることには限界がある」と繰り返すのみ。退任の意向については早い段階で決め、理事会で話すことにしていたといい「自分で決めた決断だから、後悔はない」と言い切った。

理事会では役員らから「これまでの経験を生かしてもらうことが五輪の成功に不可欠だ」など竹田氏を擁護する声も上がった。

スポーツ文化評論家の玉木正之さんは「海外出張を取りやめるなど、会長としての仕事へ実害が出る前に潔く辞めるべきだった。退任表明は遅きに失した」と指摘。

五輪の運営に詳しい早稲田大の原田宗彦教授は「国際オリンピック委員会(IOC)との交渉がほぼ終わり、警備などの実務を進める段階のため、会長交代による東京五輪への影響はほぼない。後任の会長には組織のコンプライアンスを立て直す指導力や政治力を備えた人物が就くべきだ」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スポーツニュース 一覧

 フェンシング女子フルーレのワールドカップ(W杯)は15日、フランスのサンモルで団体が行われ、東晟良、東莉央(ともに日体大)、辻すみれ(朝日大)、狩野愛巳(日清製粉)で臨んだ日本は3位決定戦でハンガリ …続き (0:53)

セルタ戦の前半、攻め込むマジョルカの久保建=中央(15日、ビゴ)=共同

 【ビゴ(スペイン)=共同】サッカーのスペイン1部リーグで15日、マジョルカの久保建英はアウェーのセルタ戦に先発し、1―2の後半32分に交代でベンチに下がった。ドリブルで攻め込む場面はあったが、効果的 …続き (0:32)

アリーナ・ザギトワ=共同

 【モスクワ=共同】フィギュアスケート女子で2018年平昌冬季五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(17)は15日、競技活動を休止すると母国ロシアの政府系テレビの番組で表明したことについて「引退は考え …続き (15日 23:42)

ハイライト・スポーツ

[PR]