/

この記事は会員限定です

MUFG、旧行バランス人事転換 脱・連邦経営へ

[有料会員限定]

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は4月1日付で、三菱UFJ銀行頭取の三毛兼承氏が社長を兼務し、グループCEO(最高経営責任者)に就く。在任6年の平野信行社長が会長に退き、グループを主導する旧三菱銀行出身者がたすきをつなぐ権力承継だ。司令塔の持ち株会社首脳ポストから旧三和銀行出身者が消え、旧行の人事バランスを重視した「連邦経営」にメスを入れた。一見順当な新布陣を読み解くと、実力本位の運営に突き進もうとする姿が浮かぶ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1937文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン