国際特許出願、ファーウェイが突出 5G関連多く

2019/3/19 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国際特許の分野で中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)の突出ぶりが際立っている。世界知的所有権機関(WIPO)が19日発表した2018年の特許の国際出願件数で、同社は2位につけた三菱電機の約2倍となり、他社を大きく引き離した。これで14年から5年連続で中国企業が首位。国別でも中国からの出願件数が全体の2割を占めた。米国に肉薄し、米中2強が争う構図が鮮明になっている。

ファーウェイは17年に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]