/

中古マンション0.4%高 2月の首都圏

東京カンテイ(東京・品川)がまとめた2月の中古マンションの平均希望売り出し価格(70平方メートル換算)は、首都圏が3725万円と前月比0.4%上がった。上昇は2カ月ぶり。春の需要期を迎え、築浅物件の売り出しが増えた。東京都が同0.3%高の4955万円、神奈川県や千葉県も上昇した。

春の需要期を迎え築浅物件の売り出しが増えた(都内のマンション群)

都区部は5472万円と前月比0.3%上がった。高橋雅之主任研究員は「相場が高値圏で推移するなか、今が売り時と判断する家主が増えているのではないか」とみる。近畿圏は同0.3%上昇し2268万円。価格水準の高い大阪市の物件が増えた。中部圏は同0.2%高の1935万円だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン