2月の訪日客3.8%増 中国からの伸び小幅

2019/3/19 20:00
保存
共有
印刷
その他

日本政府観光局(JNTO)は19日、2月の訪日外国人客数が前年同月比3.8%増の260万4300人になったと発表した。5カ月連続で増加し、2月として過去最高を更新したが、伸び率は1月(7.5%増)から鈍化した。日本に来るクルーズ船が減ったことで、中国からの観光客が1.0%増の72万3600人と小幅の伸びにとどまったのが響いた。

台湾からの観光客は0.3%減の39万9800人。旧正月休暇に関連し1月に旅行の前倒し需要が発生し、2月は前年同月を下回った。韓国は1.1%増の71万5800人と微増だった。一方、旧正月休暇の日数が増え、航空路線の新規就航もあったベトナムが68.6%増の3万9400人と大きく増えた。タイからも31.4%増の10万7800人と好調だった。

欧米からは米国が13.2%増の9万2700人と好調だった。訪日クルーズの需要が引き続き伸びているという。一方で英国は欧州連合(EU)離脱を巡る不安感から旅行需要が低迷し、1.2%減の2万3600人だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]